2014.01.12

今年初勝利のマンU指揮官「さらなるゴールは今後にとっておく」

今年初勝利を挙げて笑顔のモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第21節が11日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはスウォンジーとホームで対戦し、2-0で勝利を収めた。

 2014年の初勝利について、デイヴィッド・モイーズ監督は、「特に後半の内容は良かった」とクラブの公式HPにコメント。「後半に選手のポジションを変えてから、チームのプレーが格段に良くなったね」と2ゴールを挙げた後半の戦いぶりとともに、試合内容について振り返った。

「前半はよりプレスをかける必要があった。すぐにボールを奪い返す必要があったね。もし実行できていたら、より早くに攻略できただろうし、ポゼッションでも上回れていたと思う。それでも上手くいったから良かったよ」

「選手達には攻めるように、大声で伝えたよ。3ゴール目も取れていたら素晴らしい勝利になっただろうね」

 また、「そろそろ決定機でしっかり得点して、自信に繋げても良い頃だよ」と課題にも言及。「1、2点目が決まってからは試合をコントロールしていたから、3点目を取るべきだった。さらにゴールを決められたが、それは今後の為にとっておこう」と気を引き締めていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング