2014.01.06

FA杯初戦敗退のマンU指揮官「勝つ為に十分なプレーでなかった」

肩を落とすモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 FAカップ3回戦が5日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはスウォンジーとホームで対戦し、1-2で敗れて大会から姿を消した。

 マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督は試合後、クラブの公式HPで敗戦について、「勝つ為に十分なプレーができなかった」とコメント。「何度か決定機はあったが、十分ではなかったということ。10人になってからも積極的に攻め、引き分けて再試合に持ち込みたかったが、そこまでのプレーは見られなかった」と試合内容についても言及した。

「前半はペナルティボックス内でチャンスも作れていたので、良いプレーだったと思う。しかし、ゴールできなかった。ビハインドの状態から同点に追いついたので、勝ち越せなかったことは残念に思う。試合を長時間コントロールしていたのは我々だったが、ゴール、それにチャンスを作れなかった」

 マンチェスター・Uの3回戦敗退は、2010年以来4年ぶり。なお、香川はフル出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る