FOLLOW US

CL&ELの大会方式に不満? モウリーニョ監督、ECL敗退の“宿敵”に皮肉「まさかラツィオは…」

2023.03.17

モウリーニョ監督が”宿敵”に皮肉 [写真]=Getty Images

 ローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16セカンドレグのレアル・ソシエダ戦を振り返った。同日、イタリアメディア『pazzidifanta』が伝えている。

 ファーストレグを2-0で制し、アドバンテージを有したローマは、セカンドレグでレアル・ソシエダの本拠地『アノエタ』に乗り込んだ。90分間通してボール非保持の時間は長かったものの、試合巧者ぶりを発揮して時計の針を進め、スコアレスドローでタイムアップ。2戦合計スコア2-0でレアル・ソシエダを退けて、ラウンド8に進出した。

 まず、モウリーニョ監督は「2点を追う彼らはファンの声援に押されて、歴史を変えようとあらゆるものを賭けてきたから、我々も全てを出し尽くしたよ。序盤は主導権を握り、前半終了間際には取り消されてしまったけど、ゴールネットも揺らしている。その後は守備を固めつつ、カウンターのチャンスを、ゴールを狙う姿勢をピッチ上で示し続けた」と試合を振り返った。

 またモウリーニョ監督は、満身創痍のチームについて「(ネマニャ・)マティッチが負傷し、全治半年のケガから復帰してまもない(ジョルジニオ・)ワイナルドゥムが3日間で2試合にフル出場せざるを得ないなど、困難なことが起きているのは承知している」と強調。続けて「(アンドレア・)ベロッティと(ロレンツォ・)ペジェグリーニの勇気を称賛する。彼らのプレーが意味するのは、ローマというチームは決して世界最強ではないけど、素晴らしいグループであるということ。我々は疲労困憊だけど、幸せな気分でローマに帰るよ」と勇敢な選手たちを称えている。

 最後にモウリーニョ監督は「次ラウンドの相手? 私は気にしないよ」としつつ、「いくつかのチームはここにいるべきでない。コンペティションから脱落した者は家に帰るべき。ヨーロッパリーグは、最初から参加していたクラブのためにあるべき大会なんだ。まさかラツィオは、3つ目のコンペティションに参加することはないだろうね?」とチャンピオンズリーグからヨーロッパリーグに落ちてきたユヴェントスと、ヨーロッパリーグからヨーロッパカンファレンスリーグに落ち、そのヨーロッパカンファレンスリーグからも敗退した同じ街の“宿敵”に対する皮肉を述べている。

 なお今週末のセリエA第27節でローマは、ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ(ローマ・ダービー)”を控えている。

【PR】UELを見るなら
WOWOWオンデマンドがおすすめ!

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. UCLは全試合ライブ&見逃し配信、UELも注目試合をライブ&見逃し配信!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できる!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO