FOLLOW US

17歳ショレティレ、マンU史上最年少で欧州大会デビュー…指揮官は称賛

マンチェスター・U史上最年少で欧州大会デビューを果たしたショレティレ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド人FWショラ・ショレティレが、クラブ史上最年少で欧州大会デビューを果たした。

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグが25日に行われ、マンチェスター・Uはレアル・ソシエダと対戦。0-0の引き分けに終わったものの、敵地で行われたファーストレグを4-0で先勝していたマンチェスター・Uは2試合合計4-0でラウンド16進出を決めた。

 ショレティレは同試合の76分から途中出場し、欧州大会デビューを果たした。データサイト『OPTA』によると、17歳23日で出場したショレティレはマンチェスター・U史上最年少で欧州大会デビューとなった。

 試合後、ショレティレについて聞かれたスールシャール監督はイギリスメディア『スカイスポーツ』で、「彼は我々が信頼している幼い子どもだ。素晴らしい態度だし、アスリートで、技術的にも優れていて素晴らしい判断をすることができる。徐々にこのチームに加えていきたいと思っている。彼は地に足をつけているし、将来的にたくさんのことを期待している」と期待を口にした。

 また、スールシャール監督は同メディア『BT Sport』で、「彼はここで素晴らしい選手になり得るスキルと性格を持っている。もちろん、今夜はわずか15分の出場だった。それでも、オールド・トラフォード(本拠地)での時間は彼にとっては忘れられないものになるだろう」と語りつつ、無観客でのデビューについては残念に思っていることを明かした。

「しかし、ファンがいれば、彼はもっと楽しむことができたと思う。なぜなら、彼らがより力を与えてくれるからね。これは奇妙なことで全く違うことだが、いずれファンたちは彼のことをよく見ることができるようになると思うよ」

 現在17歳のショレティレは2014年からマンチェスター・Uの下部組織に在籍。2月21日に行われたプレミアリーグ第25節のニューカッスル戦の終盤に途中出場を果たし、トープチームデビュー。17歳19日でのプレミアリーグデビューは、2017年に16歳と263日でデビューしたイングランド人MFアンヘル・ゴメスに次いでクラブ史上2番目の若さとなっていた。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO