FOLLOW US

セビージャがインテル下して最多6度目のEL制覇! ルカクは連続得点記録更新

2得点をあげたルーク・デ・ヨング [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が21日に行われ、セビージャインテルが対戦した。

 EL最多6度目の優勝を目指すセビージャと22年ぶり4度目の優勝を目指すインテルが激突した。セビージャは準決勝で優勝候補の一角であるマンチェスター・Uに逆転勝利。対するインテルはシャフタールに5-0で完勝を収め、ケルンで行われた決勝戦に臨んだ。また、準決勝でELの連続得点記録を10に伸ばしたロメル・ルカクにも注目の集まる一戦となった。

 試合は開始早々に動いた。インテルは3分、自陣でボールを奪い、そこから一気に前線のロメル・ルカクへとつなぐと、ペナルティエリア内に侵入したところで相手DFに倒されてPKを獲得。5分、これを冷静にゴール左に決めて先制点を奪った。

 対するセビージャは12分、右サイドを崩すと、ヘスス・ナバスのクロスにルーク・デ・ヨングがダイビングヘッドで合わせる。これがゴール右に突き刺さり、セビージャが早い時間帯に試合を振り出しに戻した。さらにセビージャは33分、右サイドでFKを獲得。エベル・バネガが中央へ送り込んだボールに再びデ・ヨングがヘディングで合わせて逆転に成功した。

 しかしインテルがその直後に同点に追いつく。36分、FKからディエゴ・ゴディンがヘディングで合わせ、セビージャの2点目とほぼ同じ形で得点を奪った。前半を同点で折り返したインテルは65分、ルカクが味方のスルーパスに抜け出してGKと1対1の局面を迎える。しかしシュートはブロックされた。

 セビージャは74分、再びFKから追加点を奪う。バネガがあげたボールはDFに阻まれるが、クリアが中途半端になったところをジエゴ・カルロスがオーバーヘッドキック。これがDFに当たってゴールに吸い込まれた。インテルは82分、左サイドのクロスからヴィクター・モーゼス、アレクシス・サンチェスが詰めるが、同点弾とはならなかった。

 試合はここで終了。セビージャが最多6度目のEL制覇を成し遂げた。インテルは22年ぶりのEL制覇を逃したが、1得点をあげたルカクは、ELでの連続得点記録を11に更新。さらに今季の通算ゴール数を34とし、元ブラジル代表ロナウド氏が保持するインテルの新加入選手としての1シーズン最多得点記録である34に並んだ。

【スコア】
セビージャ 3―2 インテル

【得点者】
0―1 5分 ロメル・ルカク(PK/インテル
1―1 12分 ルーク・デ・ヨングセビージャ
2―1 33分 ルーク・デ・ヨングセビージャ
2―2 36分 ディエゴ・ゴディンインテル
3―2 74分 ジエゴ・カルロスセビージャ

【スターティングメンバー】
セビージャ(4-3-3)
ブヌ;ナバス、クンデ、カルロス(86分 グデリ)、レギロン;ジョルダン、フェルナンド、バネガ;オカンポス(71分 アダディ)、デ・ヨング(85分 エン・ネシリ)、スソ
インテル(3-5-2)
ハンダノヴィッチ;ゴディン(90分 カンドレーヴァ)、デ・フライ、バストーニ;ダンブロージオ(78分 モーゼス)、バレーロ、ブロゾヴィッチ、ガリャルディーニ(78分 エリクセン)、ヤング;ルカク、マルティネス(78分 サンチェス)

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO