FOLLOW US

EL制覇へと導いたアザール、来季はやはり…「新しいチャレンジをするとき」

2ゴールを挙げてEL制覇へと導いたアザール [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が29日に行われ、チェルシーアーセナルとのイングランド勢対決を4-1で制し、2012-13シーズン以来6年ぶり2度目のEL制覇を果たした。

 試合後イギリスメディア『BT Sport』のインタビューに応じたベルギー代表MFエデン・アザールは、「前半両チームは決勝という舞台に少しストレスを感じていたと思う。でも先制点を挙げたことで素晴らしい夜になると思った。後半は試合をコントロールすることができた。トロフィーを獲得することができてよかったよ」と2ゴールを挙げて勝利へと導いた試合を振り返った。

 ハーフタイムにマウリツィオ・サッリ監督からは「自分たちのプレーを続ける」ように伝えられたことを明かし、「僕たちはいい選手だと分かっていたし、一緒に戦うことができた。今日はそのメンタリティを見せることができた」と誇らしげに語った。

 また、今後の去就について聞かれると、「2週間前に話したようにクラブにはもう伝えている。僕もファンのみんなと同じように待っているんだ。数日中にどうなるか分かるだろう」と明言を避けた。

 しかし、改めて全てのファンが去就を気にしているんだとインタビュアーに聞かれると、苦笑いしながら「そうだね。多分グッバイだと思うよ。でもサッカーでは何が起きるか分からない。プレミアリーグでプレーすることが夢だったし、それを7年間も世界のビッグクラブの一つでプレーしてきた。だから、新しいチャレンジをするときだね」と語り、今夏の移籍を希望していることを明かした。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO