2019.05.14

チェルシーとアーセナルが激突するEL決勝、主審はイタリア人のロッキ氏が担当

ヨーロッパリーグ
ヨーロッパリーグ決勝の主審が決定 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)は13日、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝の主審をジャンルカ・ロッキ氏が務めると発表した。

 チェルシーアーセナルが激突する決勝は、29日にバクー・オリンピックスタジアムで開催。イングランド勢による注目の同国対決を、イタリア人のロッキ氏が裁く。

 現在45歳のロッキ氏は2008年から国際審判員を務め、今シーズンはチャンピオンズリーグで6試合を担当。ELでは過去に2度、第4審判としてファイナルを経験しているほか、2017年にはUEFAスーパーカップで主審を務めた。

 なお、副審は同じイタリア人のフィリッポ・メロ氏とロレンツォ・マンガネッリ氏が担当。第4審判も同胞のダニエレ・オルサート氏が務める。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング