2018.02.02

アーセナルに新加入したオーバメヤンはELに出場不可…UEFAの規約に抵触

オーバメヤン
クラブ史上最高金額の5600万ポンドといわれている移籍金でアーセナルに電撃加入したオーバメヤン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今年1月の移籍市場でドルトムントからアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは欧州サッカー連盟(UEFA)の規約に従って、ヨーロッパリーグ(EL)に出場できない。

 クラブ史上最高金額の5600万ポンド(約86億3000万円)といわれている移籍金でアーセナルに電撃加入したオーバメヤン。同選手は今シーズン、ドルトムントでチャンピオンズリーグ(CL)に出場したが、ELには出場していない。しかし、UEFAの規約によると、同選手はELに出場できないようだ。

 UEFA規約43項の2条目には出場できない選手について2つの項目がある。不適格になる選手として、1つ目は「以前所属していたクラブで、同じ大会を戦っていたこと」というものだ。具体的に述べれば、前のクラブでCLに出場した選手は、同じシーズン中は移籍したクラブでCLに出場できないというものである。

 次に、2つ目の項目は「以前所属していたクラブが、現在同じ大会で争っていること」となっている。オーバメヤンはこの項目にあたり、ELに出場できない。ドルトムントはCLに出場したが、グループステージで3位に終わってしまい、決勝トーナメントからELに参加することになっている。つまり現在、アーセナルとドルトムントは同じ大会を戦っており、オーバメヤンはELでの出場経験がないにも関わらず、出場資格が得られないのだ。

 一方、同じ時期にマンチェスター・Uからアーセナルに移籍した、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンはELに出場できる。ムヒタリアンはCLの出場経験があるが、前所属のマンチェスター・Uが現在もCLを戦っているため、これらの項目には該当していない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る