2016.09.30

武藤嘉紀、EL初ゴール! マインツは敵地で打ち合い制して大会初勝利

武藤嘉紀
EL初ゴールを挙げた武藤嘉紀(写真は24日のレヴァークーゼン戦) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、カバラ(アゼルバイジャン)と日本代表FW武藤嘉紀のマインツが対戦。武藤は先発メンバーに名を連ねた。

 15日のELグループステージ第1節ではサンテティエンヌ(フランス)とホームで1-1の引き分けに終わったマインツ。24分に相手のサイド攻撃から決定的なピンチを迎えたが、ゴール前で身体を張った守備を見せ、先制ゴールを許さない。

 そして41分、武藤が先制ゴールを挙げる。ペナルティーエリア左手前でパスを受けると、トラップで持ち出し、左足を一閃。グラウンダーのシュートをゴール右隅へ決め、ゴールネットを揺らした。武藤のヨーロッパリーグ初ゴールで、マインツが1-0とリードして前半を終えた。

 後半は点の取り合いとなった。まずは57分、マインツGKヨナス・レッスルのファウルで得たPKをカバラのルスラン・クルバノフが落ち着いて決めて同点に。追い付かれたマインツはさらに62分、GKからのキックで起点を作られ、ペナルティーエリア内へパスを通されて最後はセルゲイ・ゼニョフに逆転ゴールを奪われた。

 敵地でビハインドを負う苦しい展開となったが、マインツはラスト20分で底力を見せた。まずは70分、右CKから最後は中央で待っていたジョン・コルドバが押し込んで2-2の同点に。さらに78分には、右サイドからドリブルでカットインしたレヴィン・エズトゥナリが左足シュート。右ポストに当たったボールがゴールへ吸い込まれ、マインツが3-2と勝ち越しに成功した。

 なお武藤は84分に交代。数分前のプレーで右ひざを痛めた同選手は、83分にピッチに座り込み、治療を受けた末にベンチへ退いた。自力で歩いていたものの、状態が心配される。

 試合は3-2で終了。逆転で競り勝ったマインツが今大会初勝利を挙げ、1勝1分けの勝ち点4でグループCの2位につけている。次戦は10月2日、ブンデスリーガ第6節でヴォルフスブルクとアウェーで対戦。ELの次節は10月20日、アンデルレヒト(ベルギー)をホームに迎える。

【スコア】
カバラ 2-3 マインツ

【得点者】
0-1 41分 武藤嘉紀(マインツ)
1-1 57分 ルスラン・クルバノフ(PK)(カバラ)
2-1 62分 セルゲイ・ゼニョフ(カバラ)
2-2 70分 ジョン・コルドバ(マインツ)
2-3 78分 レヴィン・エズトゥナリ(マインツ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る