2016.04.07

古巣からの歓迎に笑顔…ドルト戦に臨むクロップ監督「試合に集中」

クロップ
笑顔を見せるクロップ監督 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7日に行われるヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグで、日本代表MF香川真司のドルトムントとリヴァプールが対戦する。

 アウェーでの一戦を前に、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が前日会見に臨んだ。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 2008年から2015年までドルトムントを率いていたクロップ監督は、戦い慣れた古巣の本拠地、ジグナル・イドゥナ・パルクでの一戦を心待ちにするコメントを残していた。試合前日、試合会場で実施された公式会見と練習では歓迎ムードに包まれた。

 笑顔を見せたクロップ監督は「運が良いことに、我々は(予定時刻より)少し早くここに来ることができた。昔の友人たちと旧交を温める時間を持つことができたよ」と話し、古巣からの歓迎を喜んだ。しかし試合に向けては「でも、明日は違うよ。これは試合であり、我々もそのことだけに集中している。(明日は)ドレッシングルームに直行するよ」と、表情を引き締めていた。

 古巣ドルトムントの印象を問われると、「彼らはクールな戦い方をする。アグレッシブなチームで、恐れることなく前線へ上がってくるね。簡単にはいかないだろうけど、我々もしっかりと準備をしているよ」と話し、「『優勝候補はドルトムントだ』と言ったが、それに反論する人はいないだろう。我々に少しばかりのアドバンテージがあるとすれば、それは全員が近年の相手(の戦い方)を理解していることだろう」と、相手を称えつつ試合を展望した。

「ドルトムント ネクストステージへ」ワールドサッカーキング2016年4月号(No.309/3月12日発売)

[主なコンテンツ]

 今号のワールドサッカーキングでは、トーマス・トゥヘルを指揮官に招いて新たなスタートを切ったドルトムントを大特集。クラブ全面協力のもと、今年も冬季キャンプで潜入取材を敢行。現地で直撃した香川真司をはじめ、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOやトゥヘル監督、急成長株のマティアス・ギンターとユリアン・ヴァイグルの独占インタビューをお届けします。その他、新生ドルトムントの変化・進化を知ることができるコンテンツも満載。BVBの今がすべて詰まった一冊に仕上がっています。もちろん、オリジナルの『WCCFカード』付録も要チェック! 今すぐ『ワールドサッカーキング4月号』をゲットしよう!

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る