FOLLOW US

昨季王者のセビージャが連覇に前進…3発快勝で決勝進出に王手をかける

得点を喜ぶガメイロ(手前右) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグが7日に行なわれ、セビージャとフィオレンティーナが対戦した。

 昨シーズン王者のセビージャは、決勝トーナメントに入ってからボルシアMG、ビジャレアル、ゼニトを破って準決勝まで勝ち上がってきた。2日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第35節のレアル・マドリード戦では、34試合無敗を貫いてきた本拠地ラモン・サンチェス・ピスファンで15カ月ぶりの敗戦を喫してしまったが、ホームでは無類の強さを誇る。一方、トッテナム、ローマ、ディナモ・キエフを破り勝ち残ったフィオレンティーナは、セリエA第34節のチェゼーナ戦できっちりと勝利を収め、この試合に臨む。

 均衡が破られたのは17分。セビージャはカウンターから左サイドを突破すると、ペナルティエリア左でパスを受けたビトロがマイナスに折り返す。これをカルロス・バッカがワントラップから右に流すと、走りこんできたアレイクス・ビダルがゴール左下に蹴りこんで先制に成功する。

 先制を許したフィオレンティーナも、何度かチャンスを作ったものの得点することは出来ず、1-0でセビージャがリードして前半を折り返す。

 後半の立ち上がり、再びセビージャの攻撃陣がフィオレンティーナに襲いかかる。52分、敵陣の中盤でボールを奪うと、ビトロがドリブル突破。一度ターンして右サイドに展開すると、これを受けたA・ビダルがクロスではなくシュートを選択。ボールはGKネトの逆を突き、セビージャが貴重な追加点を奪った。

 続く75分、左サイド深い位置でパスを受けたブノワ・トレムリナスがマイナスのパスを出すと、A・ビダルがシュート性のボールを送り、途中出場のケヴィン・ガメイロが押し込んだ。セビージャがホームで3点差をつけ、試合を決定づけた。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、ホームのセビージャが3-0でフィオレンティーナを下している。

 セカンドレグは、14日にフィオレンティーナの本拠地アルテミオ・フランキで行われる。

【スコア】
セビージャ 3-0 フィオレンティーナ

【得点者】
1-0 17分 アレイクス・ビダル(セビージャ)
2-0 52分 アレイクス・ビダル(セビージャ)
3-0 75分 ケヴィン・ガメイロ(セビージャ)

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA