FOLLOW US

激闘に敗れCL準々決勝で姿を消したアトレティコ…シメオネ監督「運が味方してくれればもう少しできたはず」

2024.04.17

アトレティコ・マドリードを率いるシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督がドルトムント戦を振り返った。16日、スペイン紙『マルカ』が同監督のコメントを伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝セカンドレグが16日に行われ、ドルトムントアトレティコ・マドリードが対戦した。ホームで戦ったファーストレグを2-1で勝利したアトレティコ・マドリードだったが、この試合では前半だけで2点のリードを奪われる苦しい展開に。それでも49分にオウンゴールで1点を返すと、64分にはアンヘル・コレアが同点弾をマーク。しかし、2戦合計スコアで優位に立ったものの、71分と74分に連続で被弾し、最終的にファーストレグを含め4-5で敗れ、準々決勝敗退となった。

 試合後のインタビューに応じたシメオネ監督は、「私の解釈では、この2試合ともゴールシチュエーションは我々の方が上だった」と述べつつ、「ファーストレグではアドバンテージがもっとあったはずだし、この試合ではアルバロ(・モラタ)の最初のプレーが非常に重要だった」と同選手が5分にGKと1vs1の局面を迎えながらゴールを決め切れなかったシーンを悔やんでいる。

 また、後半を「良いスタートを切った」と評価した指揮官はだったが、「彼ら(アトレティコの選手)はこのような状況ではなかったし、ゴールがそれを物語っている。もしそうであったなら6-4で勝っていただろう」と勢いを維持できなかった反省を口に。続けて、「ファーストレグではもっとアドバンテージを持って勝てたかもしれないし、今日も運が味方してくれれば、もう少しできたはずだ」と敗戦を振り返った。

アンヘル・コレアの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGアンヘル・コレアのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO