FOLLOW US

明石家さんまがクラブW杯スペシャルサポーターに就任!「スポーツは生で見なきゃ面白くない」

クラブW杯スペシャルサポーターに就任した明石家さんま [写真]=日本テレビ

 日本テレビは2日、明石家さんまさんが「Alibaba Cloud プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ カタール 2020」のスペシャルサポーターに就任したことを発表した。大会は12月11日に開幕し、日本テレビ系列で放送予定となっている。

 2020年12月開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響によって開催が2月へと延期された同大会は、日本テレビ系およびBS日テレで独占生中継。また、Huluでは全試合の国際映像を、スタジアムの現場音声をそのままライブ配信することが、すでに発表されている。

■明石家さんまコメント

「今大会もFIFAクラブワールドカップ カタール 2020を応援させて頂くことになりました。何と言っても注目は、ヨーロッパ王者・ドイツのバイエルンです。優勝の大本命だと思います。昨年のヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝であのバルセロナから8点を奪った印象が凄く強いので何点取るか楽しみですね。バイエルンは、FWのレバンドフスキ(32歳)やミュラー(31歳)などベテラン勢が多いにも関わらず、なぜあのキャリアであそこまで走れるのか、どんなトレーニングを積んでいるのかもっと知りたいですね。個人的な注目選手はGKのノイアー(34歳)。状況判断、ポジショニングどれをとっても素晴らしい。もって生まれた能力なのか、トレーニングで養ったものなのか?ドイツが素晴らしいGKを数多く誕生させてきた伝統によるものなのかもしれません。その中で1番のGKとも言える選手です」

「(今大会のような日本時間の深夜の放送は)僕のゴールデンタイムなんです! もともとスペインサッカーの開始時間(朝5時頃)に合わせた生活をしようと思っていて、万全の状態で、生放送で試合を見るために日々スケジューリングをしています。『スポーツは生で見なきゃ面白くない』というのが僕の持論です。ただ、生で見ていてハプニングや、凄いプレーに出会えるのは10年で1回ぐらいです…。皆さんもぜひその瞬間に出会えるように生で見てください!」

【ヨーロッパ王者】バイエルン(ドイツ)
【北中米カリブ王者】ティグレス(メキシコ)
【アフリカ王者】アル・アハリ(エジプト)
【アジア王者】蔚山現代(韓国)
【南米王者】パルメイラス(ブラジル)
【開催国王者】アル・ドゥハイル(カタール)

【1回戦】2月4日
【5位決定戦】2月7日
【準決勝】2月7、8日
【3位決定戦】2月11日
【決勝】2月11日

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO