2016.12.19

MF永木、レアル戦の敗北で感じた“悔しさ”「一時はリードしていたので…」

永木亮太
延長戦途中までプレーした永木 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)はレアル・マドリード(スペイン)に延長戦の末2-4で敗れた。この結果、開催国枠から出場した鹿島は準優勝を手にする結果となっている。試合後、延長戦途中まで出場した永木亮太がコメントを残した。

 欧州王者のプレーについて永木は「フィジカルやスピードのところはすごいなとやる前から思っていたんですけどその通りで、実際にやってみるとそれに加えて、いろいろな質が高かったり、頭もよかったりというところもあった」と、想像以上だったことを明かしている。その上で「みんな最後まであきらめずに体を張っていたと思うし、非常にいい経験ができたなという思いはあります」と、決勝戦を振り返った。

 先制されながらも逆転した試合展開については「今日も一時はリードしていたので。悔しい気持ちの方が大きくて、ああやって目の前でタイトルを獲られると本当に悔しい」と、その後再び試合をひっくり返されたことへの悔しさがこみ上げている様子。「普段だったらボールを取れるところで取れなかったり、一歩スピードが速くてボールが取れなかったり。そういったところに差は感じました」と実力差を実感していたようだ。一方で「レアルがいまのサッカー界では一番上の方だと思う。見られたことはよかったと思うし、逆にできたところもたくさんあったので、自信にもなりましたね」と沢山の収穫があったことも明かしている。

 「レフェリーが一番レアルをリスペクトしているのではと感じた」という永木。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスに2枚目のイエローカードが出なかったことについては「あれはイエローカードだったと思います」断言した。

 チームの今後に向けては「みんなで話しましたけど、次は天皇杯のタイトルを獲りに行こうと。いまは相当チームがいい状態にあると思うので、このままの勢いで天皇杯に臨みたいし、悔しさを天皇杯にもっていきたいと思っていますね」と気を引き締めている。同クラブは24日に、天皇杯準々決勝でサンフレッチェ広島と対戦する予定だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る