2016.12.19

クラブ世界一を喜ぶカゼミーロ「チャンピオンになることが何よりも重要」

タイトル獲得の喜びを語ったカゼミーロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)が欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と対戦。ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成する活躍で、レアル・マドリードが4-2で鹿島アントラーズを下し、クラブ世界一の座に輝いた。

 試合後のインタビューに応じたブラジル代表MFカゼミーロは、「決勝戦に簡単な試合などない。だが、今日は幸運なことに優勝することができた」と安堵の表情でコメントした。

 延長戦まで突入した要因について問われると、「それを言葉で説明するのは難しい。いろいろな要素がある。だが、チャンピオンになることが何よりも重要だ。タイトルを獲得できて、今はとても嬉しい」と、タイトル獲得の喜びを語っている。

 また、鹿島の印象については、「決勝戦まで勝ち上がっているチームだし、非常に良かったと思う。今日の試合を見て分かったように、とても難しい試合になった。決勝に値するチームで、素晴らしいプレーをした」と賛辞を送っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る