2016.12.18

クラブW杯、世界3位はA・ナシオナル…PK戦の末にクラブ・アメリカとの熱戦を制す

アレハンドロ・ゲーラ
追加点を決めたA・ナシオナルのゲーラ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016の3位決定戦が18日に行われ、南米サッカー連盟代表のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)と北中米カリブ海サッカー連盟代表のクラブ・アメリカ(メキシコ)が対戦した。

 アトレティコ・ナシオナルは14日に行われた準決勝で、開催国代表の鹿島アントラーズに0-3で敗れた。決勝進出の夢は絶たれたが、最後に南米王者の意地を見せたい。一方、クラブ・アメリカは15日の準決勝でレアル・マドリードに0-2の敗戦。クラブ100周年を迎えた2016年を世界3位で終わりたいところだ。

 試合は開始早々に動く。5分、アトレティコ・ナシオナルのオルランド・ベリオが相手DFの裏に抜け出すと、GKと一対一になりかける。必死に戻ったミゲル・サムディオがボールをカットしようと足を出したが、これが自陣ゴールに転がってしまい、オウンゴールでアトレティコ・ナシオナルが先制した。

 さらに26分、右サイドのベリオがエリア手前のマクネリー・トーレスとのワンツーで縦へ突破する。ベリオがマイナスの折り返しを入れると、これをアレハンドロ・ゲーラがダイレクトでゴール左上に決め、アトレティコ・ナシオナルが追加点を挙げた。

 一方のクラブ・アメリカも反撃に出る。36分、中盤でボールを持ったパブロ・アギラールが左サイドへ展開。オーバーラップしたサムディオが中央へ折り返すと、これをミカエル・アロージョがワントラップからゴール右に決め、1点差に迫った。このまま2-1でアトレティコ・ナシオナルがリードしてハーフタイムを迎える。

 追いつきたいクラブ・アメリカは、後半からベントゥーラ・アルバラードを下げてカルロス・キンテーロを、59分にシルビオ・ロメロを下げてオリベ・ペラルタを投入した。

 後半もアトレティコ・ナシオナルが優勢に進んでいたが、64分にファリド・ディアスがエリア内でファウルを犯してしまい、クラブ・アメリカにPKが与えられる。これをペラルタがしっかりと決め、2-2の同点に追いついた。

 その後も両チームともにチャンスを作ったが、得点を奪うには至らず決着はPK戦に持ち込まれた。先攻のクラブ・アメリカは1人目のオスバルド・マルティネス、2人目のサムディオが続けて失敗。一方、アトレティコ・ナシオナルは1人目が成功させたものの、2人目のフアン・ニエトが失敗してしまう。その後は両チーム2人ずつ成功させて迎えた5人目。クラブ・アメリカのアロージョは成功させたが、アトレティコ・ナシオナルもミゲル・ボルハもしっかりと決め、アトレティコ・ナシオナルが世界3位に輝いた。

【スコア】
アトレティコ・ナシオナル 2-2(4PK3) クラブ・アメリカ

【得点者】
1-0 5分 オウンゴール(ミゲル・サムディオ)(アトレティコ・ナシオナル)
2-0 26分 アレハンドロ・ゲーラ(アトレティコ・ナシオナル)
2-1 36分 ミカエル・アロージョ(クラブ・アメリカ)
2-2 64分 オリベ・ペラルタ(PK)(クラブ・アメリカ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る