2016.12.15

“歴史的PK”獲得の西、南米王者撃破の要因は「運と気持ちと…ロマン(笑)」

西大伍
ビデオ判定によるPKを獲得した西大伍 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016準決勝が14日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズは南米サッカー連盟代表のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に3-0で勝利を収め、日本勢初の決勝進出を果たした。

 先制点は歴史的なPKから生まれた。30分にセットプレーの場面で、ペナルティエリア内の西大伍が倒されると、FIFA(国際サッカー連盟)主催の大会で初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、鹿島にFIFA主催大会史上初となるビデオ判定でのPKが与えられた。

「PKだと思っていました」とビデオ判定前から確信していたという西は、「でも副審に確認したら『違う』と。あまり強くは言えないのでそこで終わったんですが、その後でプレーが止まって、すぐに自分のプレーに関してのVARだと分かりました」と説明した。

「判定でPKになって、僕らにとってはありがたかった」とビデオ判定でのジャッジを歓迎したものの、その一方で「ただ、『逆に自分たちも見られているし、取られるかもしれない』と思ったので、声を掛け合ってやるようにしました」と、さらに気を引き締めていたという。

 11月29日に行われた明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦では浦和レッズにPKを献上していた西だが、逆に今回PKを獲得したことで「日頃の行いがいいからじゃないですかね(笑)」と冗談交じりで語った。

 鹿島はそのPKを33分に土居聖真が落ち着いて決めると、83分に遠藤康、85分に鈴木優磨が追加点を決め、3-0で南米王者を撃破し、日本勢初のクラブW杯決勝進出を決めた。この歴史的な勝利に西は「運じゃないですか? 運と気持ちと……ロマン(笑)」との勝因を挙げた。

 決勝に駒を進めた鹿島は、世界一の座を懸けて18日に欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と北中米カリブ海サッカー連盟代表のクラブ・アメリカ(メキシコ)の勝者と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る