FOLLOW US

劇的ボレー弾で敗戦から救ったC・ロナウド「最後まで信じていた」

敗戦の危機を救ったC・ロナウド [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがアタランタ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第4節が2日に行われ、マンチェスター・Uはアタランタと対戦。12分に先制点を許すと、前半アディショナルタイムには流れるような崩しから最後はC・ロナウドが冷静に決め、1-1の同点で前半を折り返す。58分に再び勝ち越しを許したものの、後半アディショナルタイムにC・ロナウドがボレーシュートでネットを揺らし、同点に追いつくことに成功。試合はこのまま2-2の引き分けに終わった。

 圧巻の2ゴールで敗戦の危機を救い、グループ首位キープに貢献したC・ロナウドは試合後、イギリスメディア『BT Sport』で「難しい試合だった。ここはいつでも難しいが、僕らは最後まで信じていた」と振り返った。

「チームが勝ち点を獲ることに貢献できたから、すごく嬉しく思っている。僕たちはまだまだ改善しなければならない。お互いに適応する必要があるが、時間がかかるものだ。改善していく時間はあるし、より良くなるよ。彼ら(アタランタ)は常に難しい相手だ。最後は少しラッキーだったが、これもフットボールだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO