FOLLOW US

マンU指揮官がC・ロナウドの働きを絶賛「もし批判するなら、このゲームを見てくれ」

またしても決勝ゴールを決めたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、逆転勝利に成功したアタランタ戦を終えてコメントした。20日、UEFAが公式サイトで伝えている。

 マンチェスター・Uは20日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節でホームにアタランタを迎えた。試合は前半からアタランタに2点のリードを許す苦しい展開となるも、後半は打って変わってマンチェスター・Uが反撃を見せると、2-2と追いついた80分、クリスティアーノ・ロナウドが逆転の決勝ゴールを決めてみせた。これで前節のビジャレアル戦に続き、CLでは2戦連続となるホームでの逆転勝利を収めることとなった。

 クラブを率いるスールシャール監督はゲームを振り返り、ハーフタイムの修正について、「我々が勝つために、次のゴールを絶対に取るということを明確にした」と口に。53分のマーカス・ラッシュフォードの得点はチームの強い共通認識のもとで生まれたゴールであることを伺わせた。そして、「もう1点を相手に許さない限り、我々が試合に勝つと確信していたよ」と、逆転に自信があったことも話している。

 また、またしても本拠地のオールド・トラッフォードで逆転を成功させたことについては、「ファンはこのクラブの大きな、大きな一部を担っているんだ。彼らの歌が選手たちに信じることを続けさせてくれた。それが、CLの夜にマンチェスター・Uで起こることなんだ」と、ファンの存在の大きさを改めて強調した。
 
 そして、再び決勝点をあげたC・ロナウドの活躍については、「もし誰か彼の仕事率や態度について批判したいのなら、このゲームを見て、彼が走り回る様子を見てくれ」と、得点だけでなく、この日エースが見せたパフォーマンスや献身も高く評価した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO