FOLLOW US

今夏のEURO2020も交代は5人までOK…CL新フォーマットは4月19日に結論へ

EURO2020でも5人交代が適用 [写真]=Getty Images

 欧州サッカー連盟(UEFA)は31日、同日に行われた執行委員会にて複数の決定が下されたことを発表した。

 まず、2021年6月・7月に延期されたEURO2020と2021年10月に行われるUEFAネーションズリーグの決勝戦、および2022年3月に行われるネーションズリーグの降格プレーアウトにおいて、5人までの交代が認められた。UEFAは今回の交代ルールを導入する理由について、「各国および代表戦のサッカーカレンダーが新型コロナウイルス感染症の影響を受けていることを背景とし、2021年3月から2022年3月まで開催されるワールドカップ予選ではすでにこのルールが導入されているため」と説明している。

 また、観客人数については、今後は試合を開催する地域または国の当局の責任において上限が設定されることになる。しかし、現在も各国で渡航制限が続いている状況に鑑み、アウェー観客の入場禁止は今季のUEFAクラブ大会の準決勝まで続くことになる。

 さらに、UEFAの執行委員会と欧州クラブ協会(ECA)は、2024年以降のUEFAクラブ大会のフォーマットについて、2021年4月19日に決定することを全会一致で承認した。本来なら31日の執行委員会で結論が出る予定だったが、放映権料の配分などをめぐってUEFAとECAの間で対立が生じたため、結論が先送りになったとイギリスメディア『アスレティック』などが伝えていた。

 なお、新フォーマットのチャンピオンズリーグでは、参加クラブ数が「32」から「36」に増えると見られている。現行のグループステージを廃止して“スイス方式”を採用し、各チームがリーグ戦で異なる10チームと対戦、その後に上位8チームによる決勝トーナメントや9位〜24位によるプレーオフが行われるフォーマットへと変更される可能性が報じられている。

いつでもどこでも楽しめる EURO2020はWOWOWで!無料トライアル実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO