FOLLOW US

リヴァプールに朗報…守護神アリソンが練習に復帰&ケイタは新型コロナから回復

復帰に近づいている(左)アリソンと(右)ケイタ [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、ブラジル代表GKアリソンが復帰に近づいていることを明かした。19日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 肩を負傷していたアリソンは9月28日に行われたプレミアリーグ第3節アーセナル戦にフル出場したのを最後に戦列を離れている。クロップ監督は当初、「4週間で戻るかもしれないし、6週間かそれ以上かかるかもしれない」と復帰時期はわからないとしていたが、予想よりも早く復帰する可能性があるようだ。

 アリソンの状態についてクロップ監督は、「アリ(アリソン)はすごく良さそうに見える。見ていかないといけない。ボールをキャッチすることなどは全て出来ているが、急かすようなことはさせない」と復帰に近づいていることを明かした。

 また、クロップ監督はギニア代表MFナビ・ケイタが新型コロナウイルスから回復して練習に合流したことを明かし、ひざを負傷して離脱中のイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンも順調に回復途中であることを語った。

「ナビは昨日練習を行ったから、それはとてもポジティブなことだ。私たちはまだまだ学んでいる。ナビのように症状がないようなことについてね。昨日の練習ではとても良さそうに見えた。でも、今日彼がどうかは私にはわからない。どのような反応があったが、そっちの方が大事なことだ。現時点では彼を(メンバーに)入れることを期待しているが、どうなるかはわからない。オックスレイドは長期的なリハビリの途中ではあるが、うまく進んでいるように見えるね」

 なお、17日に行われたプレミアリーグ第5節のエヴァートン戦で負傷したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラについては、「衝撃があった。(フィルジル・ファン・ダイクほど)深刻ではないが、水曜日(21日)に起用できるかはわからない。見ていかないといけない」と次戦出場の可能性もあることを示唆した。

 リヴァプールではファン・ダイクが右ひざのじん帯を損傷したことで手術を受け、長期離脱することが決定している。その一方で、離脱していた選手たちが復帰に近づいていることは、21日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節アヤックス戦を控える同クラブにとって大きな追い風となりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA