FOLLOW US

クロップ監督「重要な教訓になった」…3点差を追いつかれながら辛勝のCLザルツブルク戦にコメント

リヴァプールのクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ、ザルツブルク戦について語った。3日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 リヴァプールは前半に挙げた3点のリードを一度追いつかれながらも、後半24分のモハメド・サラーのゴールで再びリードを奪い4ー3で勝利。試合後、クロップ監督は同試合について、以下のように語っている。

「最初の30分間は、これまでプレーしてきた中で最高のサッカーと言えるね。明確なアイデンティティを組織化された相手に対して、彼らが嫌がる素早い攻撃を展開することができたんだ」

「多くのチームは3点を失うとブレークされてしまうけど、彼らはそんなことなかったね。彼らはシステムを変更してきた。それが試合の勢いを変えたと思うよ」

「今夜はとても重要な教訓になった。私たちは試合の後よりも、試合の中で学ぶことを好んでいるよ。多くの改善すべき点を学ぶことができた。おそらく誰もがそれを分かっているだろうね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO