2019.09.18

トッテナム指揮官、昨季のリベンジを誓う「誰も私たちの決勝進出を予想していないが…」

マウリシオ・ポチェッティーノ
CLオリンピアコス戦を控えるトッテナムのポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節オリンピアコス戦の前日会見に臨んだ。17日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 トッテナムは昨季、クラブ史上初めてCL決勝に進出。ワンダ・メトロポリターノ(アトレティコ・マドリードの本拠地)で行われた決勝戦はリヴァプールに0-2で敗れたが、ポチェッティーノ監督体制の集大成とも呼べる1年になった。

 昨季のファイナルを振り返ったポチェッティーノ監督は、「マドリードでのファイナルから長い時間があった。正直なところ、夏の間は長いこと物思いにふけっていたよ。決勝で負けることはいつだって辛いものだ。感情を押し殺すことができないからね」と、あと一歩でビッグイヤーに届かなかった悔しさを引きずっていたことを認めた。

そんな同監督は、「今シーズンのイスタンブールでの決勝戦に進出する候補に(トッテナムを)挙げる人は誰もいない。でも、それは当然のことだ。そのことは、私たちがCLを勝ち進む上でとても刺激になるんだ」と語り、今季のCLもあくまで“挑戦者”として臨むつもりだとした。

 トッテナムは開幕節、オリンピアコスとアウェイで対戦。フアン・フォイスやジオヴァニ・ロ・チェルソらが欠場する一方で、ダビンソン・サンチェスが復帰し、17歳のトロイ・パロットも帯同メンバーに含まれた。ポチェッティーノ監督は、“リスペクト”を持って戦うことを宣言しつつ、4-0で勝利したプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦からメンバーを入れ替えることも示唆している。

「私たちは昨年のファイナリストだ。当然、この段階でオリンピアコスと対戦することは、私たちを(ブックメーカーのオッズで)人気にするだろう。(アウェイのオリンピアコス戦は)難しい雰囲気の下で行われるはずだ。私は対戦相手をリスペクトするし、試合開始から人気である理由を示す必要がある」

「私たちは様々な理由から、(スタメンに)いくつかの変更を行う予定だ。しかし、目を向けるべきなのはパフォーマンスとその質だよ」

 CLグループステージ第1節オリンピアコス対トッテナム戦は、日本時間18日25時55分(19日1時55分)にキックオフを迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング