2019.09.17

昨季躍進のアヤックス指揮官、CL本戦に意気込み「やりがいのあるグループにいる」

エリック・テン・ハーグ
昨季のCLでアヤックスを準決勝へと導いたテン・ハーグ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アヤックスのエリック・テン・ハーグ監督が、17日に開幕を迎える2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に向けての意気込みを語った。16日、アヤックスがクラブ公式サイトでコメントを紹介している。


 昨シーズンのCLで旋風を巻き起こし、準決勝に進出したアヤックス。惜しくもトッテナムに敗れ、1995-96シーズン以来となる決勝進出こそ果たせなかったが、誰もが予想し得なかった躍進劇は世界中のサッカーファンを魅了した。

 今夏の移籍市場では、マタイス・デ・リフト(現ユヴェントス)やフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)が引き抜かれた一方で、ダヴィド・ネレスやハキム・ツィエク、ドニー・ファン・デ・ベークら主力が残留。昨季の“再現”を期待する声も少なくない。

 予選3回戦から今季のCLに出場したアヤックスは、PAOK(ギリシャ)とAPOEL(キプロス)を下して、2季連続のCL本戦進出を果たした。グループHではチェルシー(イングランド)、バレンシア(スペイン)、リール(フランス)と同居することになった。

 テン・ハーグ監督はグループステージについて、「グループステージに進出できて幸せだよ。予選を通過してCL本戦に出場することは大変な功績だ。私たちは困難だがやりがいのあるグループにいる。各クラブの実力は伯仲しているよ。チェルシーが少しだけ優れているかもね。でも、ホームゲームでは勝ち点を得なければならない」と難しいものだと認めつつ、決勝ラウンド進出のチャンスは十分にあると主張した。

 また同監督は、グループステージ初戦で戦うリールを警戒しつつ、試合に向けての準備は万端だとし、勝利への自信をうかがわせた。

「明日は結果のために高いレベルへと到達する必要がある。勝利に向けて全力を出すよ。もしそれがダメなら、頭を使ってうまく立ち回らないといけない」

「リールは国際色豊かなチームだ。ポルトガルやアフリカの影響を受けたフランス流のフットボールだ。(リールついて)知る必要があることはすべて知っているし、どんな準備もしてきたよ」

 CLグループステージ第1節アヤックス対リールの一戦は、日本時間17日28時(18日4時)にキックオフを迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング