FOLLOW US

あと一歩で敗戦もデ・ヨングはトッテナムを称賛…「この結果に値するプレーだった」

デ・ヨングはトッテナムのプレーを称賛した [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグが8日に行われ、アヤックストッテナムが対戦した。

 アウェイのファーストレグを1-0で勝利したアヤックスは、この日も前半で2点を奪い、決勝進出を大きく手繰り寄せていた。しかし、後半に2失点を喫すると、アディショナルタイムにトッテナムのルーカス・モウラがハットトリックとなる決勝ゴールをマーク。アウェイゴールの差で準決勝敗退となった。

 試合後、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは試合後、『UEFA.com』のインタビューで「本当に残念だよ」と試合を振り返った。

 アヤックスは予選2回戦から勝ち進み、CLの本戦に出場。グループステージを無敗で突破すると、決勝トーナメントではレアル・マドリード、ユヴェントスを倒しベスト4進出を果たした。しかし、あと一歩というところで23年ぶりの決勝進出を逃す結果となった。

 それでも、デ・ヨングは「トッテナムは後半のプレーがすごく良かった。4人のストライカーがプレーし、全員が良いプレーをした。この結果に値するプレーだった。でも、僕たちもファイナルに行くことができたと思う…」と、悔しさを口にしながらも、逆転勝利を収めたトッテナムを称賛した。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA