2019.04.16

スールシャール監督、カンプ・ノウでの決戦に「どんなことも起こり得る」

オーレ・グンナー・スールシャール
バルセロナとのセカンドレグに向けて意気込んだスールシャール監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、バルセロナ戦に向けて意気込みを語った。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が15日に伝えている。


 マンチェスター・Uは10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグでバルセロナとホームで対戦し、0-1で敗れた。同クラブは逆転突破を目指し、16日のセカンドレグでバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウに乗り込む。

 スールシャール監督は、93分に自身がゴールを記録し逆転勝利を収めた1998-99シーズンのCL決勝を回想。“カンプ・ノウの奇跡”と称される伝説のファイナルを「素晴らしい思い出」と語り、今回のバルセロナ戦への意気込みをコメントした。

「もちろん、あれは私にとって素晴らしい思い出だ。しかし、あの夜を頻繁に振り返ることはないよ。現在の仕事は、選手をより良くしてあげることだからね」

「フットボールの世界では、どんなことだって起こり得る。しっかりと守る必要はあるが、得点のために攻撃する必要がある。無失点に抑えることができたら、93分に先制することもできるのだからね」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング