2018.10.24

CL通算50試合出場にリーチ…ネイマールに関する10のトリビア

[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールが、24日に節目の試合を迎える。同日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節で、パリ・サンジェルマンはナポリと対戦。同選手はこの試合に出場すれば、CL通算50試合出場を達成する。そこで今回は、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が22日に掲載した記事をもとに、ネイマールに関する10のトリビアを紹介する。

1.CLデビュー
ネイマールがCLの舞台に初めて登場したのは、今から5年前のこと。2013年9月18日に行われたアヤックス戦で、バルセロナの選手として先発出場を果たした。以来、49試合に出場。今回のナポリ戦は、パリ・サンジェルマンの選手として迎えるCL通算10試合目のゲームになる。

2.CL初ゴール
CL初ゴールを記録したのは、出場6試合目となったセルティック戦でのこと。2013年12月11日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われた一戦で、44分に初得点を挙げた。さらに48分と58分にも、立て続けに追加点をマーク。初ゴールに加えて、ハットトリックも達成してみせた。

3.ブラジル人最多得点者
これまでにCLで30ゴールをマーク。ミランやレアル・マドリードで活躍した元ブラジル代表MFカカ氏と並びブラジル人最多記録になる。なお、同氏が30ゴールに到達するまでに要した試合数は「86」。ネイマールは、約半分の試合数で節目の記録に到達した。

4.1試合1得点に関与
CLでは、30ゴールに加えて、これまでに19アシストを記録。出場した49試合で49得点に関与しており、1試合に得点かアシストを記録している計算になる。

5.最も得意な時間帯は?
CLでは、前半11分から20分の間に6ゴールをマーク。全体の20パーセントにあたる得点が、この時間帯に生まれている。さらに、85分以降にも5ゴールをマーク。うち2ゴールは、「カンプ・ノウの奇跡」として知られる2017年のバルセロナ対パリ・サンジェルマン戦で生まれた。

6.最も得意とする相手は?
CLで最もゴールを決めている相手はセルティックとパリ・サンジェルマンで、それぞれ7得点を記録している。パリ・サンジェルマンがサッカー史上最高額の移籍金を払ってまでネイマールを獲得した理由が分かるだろう。

[写真]=Getty Images

7.最も苦手とする相手は?
これまでにCLで対戦した18チームのうち、11チームからゴールを奪っている。まだゴールネットを揺らしたことがない残り7チームのうち、プレー時間が最も長いのはローマ戦で180分を数える。なお、ミラン相手にも166分間にわたってプレーし、得点を奪えていない。

8.今後の課題は?
欧州4大リーグのうち、ドイツ勢との対戦はあまり苦にしていない。これまでに出場した6試合で4ゴールを記録している。しかし、残るスペイン、イングランド、イタリアのチームとの相性は良くない。対スペイン勢の成績は5試合1得点、対イングランド勢は9試合2得点、対イタリア勢は7試合1得点。格下相手に得点を量産することが多く、ビッグマッチでどれだけ結果(ゴール)を残せるかが今後の課題と言えそうだ。

9.2大スターとの差は?
ネイマールがCLで1ゴールを奪うのに要した時間は、140分20秒。リオネル・メッシの100分7秒、そしてクリスティアーノ・ロナウドの112分8秒には、まだまだ及ばない。しかし、今後4試合にフル出場して11ゴールを挙げればC・ロナウドに、今後6試合にフル出場して17ゴールを奪えばメッシを追い抜くことができる。

10.パリ・サンジェルマンへの移籍は正解?
バルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍は大きな議論を呼んだが、その成果は数字に表れている。CLで1ゴールを奪うのに要した時間は、バルセロナ時代が162分17秒であるのに対して、パリ・サンジェルマンでは89分7秒と約半分に短縮。選手としての成熟度、チーム事情、対戦相手など、様々な要素を考慮する必要はあるが、決定的な働きをする回数は増えている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る