2018.07.09

史上最高の名誉? 同一年にW杯とCLの2冠を達成した選手たち

史上11人目のW杯&CL制覇者は現れるか… [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアはベスト4が出揃った。ファイナル進出へ王手をかけたのは、フランス、ベルギー、イングランド、クロアチアの4カ国。いずれも欧州勢となった。

 その中には、チャンピオンズリーグ(CL)とW杯の“2冠”を達成可能な選手たちがいる。フランス代表DFラファエル・ヴァラン、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、同代表MFマテオ・コヴァチッチだ。彼らは所属するレアル・マドリードで2017-18シーズンのCL優勝を経験。そして今、“世界一”の称号を得るチャンスを手にしている。

 実は過去に同じ偉業を成し遂げた選手は10人しかいない。そこで今回は、同じ年にCL(UEFAチャンピオンズカップ含む)とW杯を手にしたレジェンドたちを紹介する。

■サミ・ケディラ
2014年:レアル・マドリード/ドイツ代表

今大会はグループステージ敗退となったが、4年前に史上10人目となる偉業を達成した。ブラジル大会の決勝戦はウォーミングアップ中の負傷により欠場したが、通算5試合に出場。母国の優勝にしっかりと貢献した。また、レアル・マドリードでは通算10度目の欧州制覇を経験した。

■ロベルト・カルロス
2002年:レアル・マドリード/ブラジル代表

セレソンが生んだ最強の左サイドバックとして名高いロベルト・カルロス。2002年5月、ジネディーヌ・ジダンやルイス・フィーゴらを擁し、“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリードでCL制覇を果たすと、その1カ月後にはロナウド、ロナウジーニョ、リバウドの“3R”が最前線に並んだブラジル代表でW杯優勝を果たした。

■クリスティアン・カランブー
1998年:レアル・マドリード/フランス代表

主に守備的MFとして活躍し、独特な風貌でも人気を博したカランブー。1998年は彼にとってキャリア最高の1年となった。レアル・マドリードでCL、フランス代表でW杯を制覇。さらにプライベートでは、スロバキア出身の“美しすぎるモデル”として知られたアドリアナさんと結婚した。(※2012年に離婚し、2017年に別の女性と再婚)

■ユップ・カペルマン
■ウリ・ヘーネス
■ゲルト・ミュラー
■フランツ・ベッケンバウアー
■ハンス・ゲオルク・シュヴァルツェンベック
■パウル・ブライトナー
■ゼップ・マイヤー
1974年:バイエルン/西ドイツ代表

クラブで欧州制覇、代表で世界制覇を同一年に達成した選手が初めて誕生したのは、1974年のことだった。この年、UEFAチャンピオンズカップでは、アトレティコ・マドリードを下したバイエルンが優勝。W杯では、オランダ代表に競り勝った西ドイツ代表が王者に輝いた。栄えある“2冠”を手にしたのは、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーなど計7名。サッカー史にその名を刻んでいる。

 さて、上記からある一つの法則が浮かび上がる。1992-93シーズンに現行のCLという形になって以降、W杯イヤーにレアル・マドリードが欧州王者に輝くと、所属選手がいる代表チームが必ずW杯を制しているのだ。

 であるならば、今大会はヴァランのフランス、あるいはモドリッチとコヴァチッチのクロアチアが“W杯王者”となるのか。泣いても笑っても、優勝まではあと2試合だ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る