2018.04.13

歓喜のダイブで市から罰金…ローマ会長、噴水の修復に3000万円を寄付

パロッタ
ローマのパロッタ会長、CL準決勝進出決定で喜びを爆発させた [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナを破ってチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を決めた後、市内に詰めかけたサポーターたちの前で噴水へダイブしたローマのジェームズ・パロッタ会長。ローマ市から罰金を科されてしまったようだ。11日付のイタリアメディア『スカイ・スポーツ』が報じている。


 10日に行われたCL準々決勝セカンドレグで、ローマはホームでバルセロナを3-0で破った。敵地でのファーストレグでは1-4と大敗を喫していたものの、奇跡的な挽回を果たして2試合合計スコアを4-4に。アウェイゴール数で上回り、UEFAチャンピオンズカップ時代の1983-84シーズン以来となるベスト4進出を果たした。

 イタリアの中でも特に熱狂的とされるローマのサポーターは、クラブ史上に残る大逆転突破に狂喜乱舞。勝利を祝おうと市内中心部に大勢が詰めかけた。そこに現れたパロッタ会長は、最高潮に盛り上がったサポーターの熱気に押されて自らポポロ広場の噴水へ歓喜のダイブ。サポーターからは拍手喝采が巻き起こったという。

 翌日、新スタジアム建設についてローマのヴィルジニア・ラッジ市長と会談したパロッタ会長は、なんとその席で同市長から噴水ダイブに対する罰金450ユーロ(約6万円)を言い渡された模様だ。

「あまりの嬉しさに我を忘れてしまいました。本当に最高の夜でした。けれど、修理するのを避けたいなら、だれも噴水へ飛び込まないでほしい」とコメントしたパロッタ会長は、ラッジ市長に自身の行為を謝罪し、市内の観光名所であるパンテオン前の噴水を修復するための23万ユーロ(約3000万円)の寄付を別途申し出たという。

 気前の良い対応は、NBAボストン・セルティックスの共同オーナーのほかに、米国などで複数の投資事業を手掛けるパロッタ会長だからこそ。CLベスト4進出の喜びとともに、新スタジアム建設に向けてローマ市と良好な関係を維持することも忘れていなかったようだ。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング