2018.04.12

レアル対ユーヴェ、終盤のPK判定についてスペイン紙が緊急アンケート

レアル・マドリード、ユヴェントス
大きな物議を醸しているPKの場面 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 11日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、試合終了間際にレアル・マドリードに与えられたPKが大きな物議を醸している。

 レアル・マドリードはホームでユヴェントスと対戦。アウェイで行われたファーストレグを3-0で制し、圧倒的優位を得ていたが、61分までに3失点。2試合合計3-3と、タイスコアに並ばれた。

 それでも後半アディショナルタイム3分に、スペイン代表FWルーカス・バスケスがユヴェントスのモロッコ代表DFメディ・ベナティアに後ろから倒されたとしてPKを獲得。これをポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めてベスト8進出を果たした。

 劇的な形で準決勝への切符を手にしたが、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンはイングランド人レフェリーのマイケル・オリヴァー氏が下した判定に猛抗議して一発退場に。ユヴェントスのその他の選手たちも試合後、怒りを露わにしているという。

 勝負を決定づけた判定について、スペイン紙『マルカ』は緊急アンケートを実施。L・バスケスが倒されたシーンはPKが妥当だったかどうかを読者に問うた。

 日本時間12日午前11時現在までに21万以上の回答が集まり、全体の57パーセントが「あれはPKだった」と判定を支持。過半数を記録したが、40パーセント以上は「PKではない」と考えていることが明らかとなった。同紙はレアル・マドリード寄りのスポーツ紙として知られているが、同クラブを支持するファンの間でもPKの判定に疑問を呈する声があるようだ。

 なお、リーガ・エスパニョーラの元審判2人もそれぞれの見解を述べている。スペイン『ラジオ・マルカ』で解説を務めるアンドゥハル・オリベル氏は、「PKを与えるほど十分な接触があったわけではない。それにベナティアはボールにも触れていた」とコメント。スペイン『カデナ・セール』で解説を務めるイトゥラルデ・ゴンサレス氏も、「L・バスケスがベナティアに倒されたシーンはPKではない。PKにするほどのものではない。審判にも迷いがあったのだろう。もし判定に迷いがなければ、ベナティアを退場にしていたはずだ」と語り、PKの判定は厳しすぎるとの見方を示している。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング