2018.04.04

「まさに大空翼だ!」 C・ロナウドのオーバーヘッド弾、各国メディアが称賛

C・ロナウド
ユーヴェ戦でオーバーヘッドを含む2得点を挙げたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 3日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝(CL)ファーストレグ、アウェイでユヴェントスに3-0と快勝したレアル・マドリード。強豪との大一番で主役の座を演じたのは、やはりエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。

 この試合、開始わずか3分で先制点を叩き出すと、64分にはオーバーヘッドを決めて見せたC・ロナウド。これにはイタリア王者のユヴェントスも脱帽のようで、サポーターが2点目の直後に拍手を送れば、主将のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンも「彼の価値は(ディエゴ)マラドーナや(リオネル)メッシ、ペレと比較できる」と最高級の賛辞を贈っていた。

C・ロナウド

豪快なオーバーヘッドを突き刺したC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 当然ながら、各国のメディアも手放しでC・ロナウドを称賛している。スペインでは、レアル・マドリード寄りの『アス』紙が、「貴方はどこの惑星から来たのか?」と驚嘆の声を上げれば、バルセロナ寄りの『ムンド・デポルティーボ』紙も「C・ロナウドがユヴェントスを完全破壊」との見出しを掲げた。

 イタリアでも『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が「ロナウドの神業に全選手が立ち尽くす」と描写すれば、『ラ・レプッブリカ』紙も「スタジアムもクリスティアーノの魔法に拍手」と感嘆した。フランス紙『レキップ』に至っては、漫画の『キャプテン翼』になぞらえて「まさにオリバー・アトム(大空翼の翻訳名)のオーバーヘッド」と称するなど、アニメのようなゴールであることを強調している。

 一方、『アス』紙と同じくレアル・マドリード寄りの『マルカ』紙は、オーバーヘッド弾を決めた際のC・ロナウドの驚異的な跳躍力に注目。シュートを放つために“くの字”に曲げた体は141センチメートルの高さまで浮き上がり、ボールを捕らえた右足はゴールマウスの高さ244センチメートルにほぼ匹敵する238センチメートルに達していたとの検証を行った。

 この日の2ゴールを加え、今大会9試合で14ゴールと驚異的な得点力を発揮しているC・ロナウド。準決勝進出をほぼ手中に収めた今、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われるセカンドレグでは、グループステージから10試合連続ゴールという前人未到の記録更新に期待が掛かる。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る