2018.04.04

C・ロナウドのオーバーヘッド、ルーニーより上? ファーディナンド氏が賛辞

C・ロナウド、ルーニー
ファーディナンド氏が、C・ロナウド(左)とルーニー(右)のオーバーヘッド弾について語った [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグで、レアル・マドリード(スペイン)はユヴェントス(イタリア)とのアウェイゲームを3-0で制した。2得点目となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッドキックについて、かつて同選手とともにプレーした解説者の元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が惜しみない賛辞を贈った。4日付のイギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 ユヴェントス戦での2得点により、CL史上初の10試合連続ゴールを達成したC・ロナウド。とりわけ2得点目は今後も長く語り継がれるであろう、オーバーヘッドによるスーパーゴールとなった。

 イギリスのテレビ局『BTスポーツ』で解説を務めていたファーディナンド氏は試合後、C・ロナウドのゴールについて「幸運なことに私は以前にも、スタジアムの中で似たようなゴールを目にしたことがある。それはルーニーのゴールだ」と、2011年2月に行われたプレミアリーグのマンチェスター・ダービーで、当時マンチェスター・Uに所属していた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが決めたオーバーヘッドでのゴールを引き合いに出した。

 そしてファーディナンド氏は続けて「今日のゴールはあれに似ていた。でもルーニーのはシン・パッド(脛当て)に当たっていたからね!」と冗談交じりにコメントしつつ、「大舞台であることや、シュートを打った位置がよく似ている。C・ロナウドという男は大舞台で常に結果を求められていて、そしてそれに応えるんだ」と惜しみない賛辞を贈っていた。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る