FOLLOW US

識者が展望するチャンピオンズリーグ…注目クラブはイングランドの“赤い悪魔”

 スカパー!では、毎週金曜日午後9時から、サッカー情報番組『スカサカ!ライブ』をレギュラー放送している。9月8日の放送では、12日に開幕し、スカパーで全125試合を生中継する「UEFAチャンピオンズリーグ徹底検証」をオンエア。レギュラー解説委員を務める岩政大樹(東京ユナイテッドFC)、この日の解説委員として登場した川勝良一氏、平畠啓史氏、小澤一郎氏がそれぞれ展望した。

 解説者の川勝氏は今夏の移籍市場をにぎわせたパリ・サンジェルマンについて、「ネイマールの存在は大きい。リーグ戦を見ても、ボールを持つ時間が多いですよね。これはいいところもあるし、悪いこともある。チームがどういうサッカーをするか、監督次第、ネイマール次第ですね。うまくいけば、相当面白いし、空中分解になる可能性もある。(ネイマールは)バルセロナではチームに合うプレーを選んでいたが、PSGでは自分を出しているので、それがどうなるか」と、楽しみにする反面、懐疑的な意見も示した。

 サッカージャーナリストの小澤氏はグループFのマンチェスター・Cとナポリを注目点に挙げ、「(10月から11月に開催される)第3節と4節といういい時期に当たるので、見逃してほしくないですね。ペップは行った国のフットボール、文化、コンテクストをしっかり理解して取り組んでいます。今はイングランドに何をもたらせられるか、何で刺激を受けられるかを考えている。そう言った意味で、これまでと違うサッカーを見せようとしているかもしれません。ナポリはコンビネーションがもちろんありますが、一発で裏を狙うこともしている。前線から(相手選手と)同数でハメに行くことを90分やり遂げることがナポリのすごさで、そのままの勢いで攻撃に行きます。そこをペップがどうはがすのか。さらにそれを受けてサッリがどうするか。戦術の駆け引きが注目です」と、最高峰の戦いでの一線級の指揮官の采配に注目している。

 ナポリは川勝氏も注目しており、リヴァプールとともに「攻撃が面白い。ダイレクトやコンビネーションがいろいろと出るチームは少ないですから」と話す。

 リヴァプールはマンチェスター・UとともにCLの舞台に帰ってきたイングランド勢。平畠氏も、その2チームが帰ってきたことを喜び「ユナイテッドはCLにふさわしいチームになってきている印象ですね」とコメントした。

 マンチェスター・Uは岩政氏も「レアル・マドリードが現時点で頭一つ抜けているが、優勝を決めるのは8カ月後です。その時のチーム力なので、シーズン後半にチーム力が高まるチームが勝つ。そういう意味で今、完成しているレアル・マドリードはちょっと危険かなと。ユナイテッドは若い選手も多いですし、勢いがついていくと」と同調した。

 まだ先の話ですが、と前置きを踏まえた上で、川勝氏が「ズバリ、優勝クラブは」と問われると、「ユナイテッドは強いかな。まずデカい。中盤が後ろよりデカく、前はルカクがいてズラタンも戻ってくる。しかも関節が曲がらないような(硬い)選手ではなく、170センチ台の選手のような(柔らかい)プレーをする。モウリーニョも勝ち方を知っていますしね」と、やはりマンチェスター・Uを注目クラブに挙げた。一方で、「でも今言ってもみんな忘れているから(笑)」と、最後に付け加えることも忘れなかった。

 9月15日午後9時から生放送される『スカサカ!ライブ』では、松本山雅FCを特集。昨季で現役を退き、今季から松本のアンバサダーに就任した鐵戸裕史氏が登場する。また、岩政の「今まさに聞く!」にはアスルクラロ沼津で現役を続ける中山雅史が出演する。さらにはUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のレビューと第2節のプレビューをお届けするなど、盛りだくさんの内容でお届けする。

『スカサカ!ライブ』公式サイトへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO