2017.03.08

「MSNがいれば…」 元仏代表ジュリ氏、古巣バルサ突破の可能性に言及

バルセロナの攻撃を牽引する(左から)スアレス、ネイマール、メッシ [写真]=Getty Images

 現役時代にバルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーした経験を持つ元フランス代表MFのリュドヴィク・ジュリ氏が、両チームが雌雄を決するチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグを前に自身の見解を披露した。

 アウェイでのファーストレグに0-4で大敗したバルセロナが、どのように反撃するかが最大の見所となるこの試合。『Radio Barcelona』とのインタビューに応じたジュリ氏は、大逆転はほぼ不可能との認識を示すと同時に、PSGが圧倒的に有利な立場にあることを改めて強調した。

「もしバルサが逆転したら、それはとんでもないことだ。だが、実際にそうなるとは思えない。試合ではバルサが何ゴール決めるかに注目が集まり、早い時間帯に点を取ればPSGに恐怖を与えられるかも知れない。しかし、PSGが1ゴール決めた時点で勝負は決するということも忘れてはならない」

 ジュリ氏はその一方で、バルセロナの逆転での準々決勝進出について、大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの活躍を絶対条件として挙げた上、ブラジル代表FWネイマールおよびウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの“MSNトリオ”が機能すれば有り得ない話ではないとの私見を述べた。

「メッシ抜きでは逆転は有り得ない。ゴールにアシストと、彼はたった1人で違いを作ることができるからね。そのうえ、どんなに厳しい試合でも勝利を掴み取るという意欲に溢れている。パリでの敗戦を経て、水曜の試合はクラブにとってもサポーターにとってもリベンジの機会となった。それゆえ、メッシは必ず存在感を発揮することだろう。それは、ネイマールとルイス・スアレスも同じだ。常に何かが起きると思わせる彼らがいれば、たとえ1パーセントであっても可能性はある」

 バルセロナが奇跡の逆転劇を演じるのか、PSGが手堅くアドバンテージを守り切るのか、どちらが勝ち名乗りを上げるにしても、フットボールの難しさを改めて痛感させられそうな両者の対戦。ジュリ氏が「我々は素晴らしい試合を見ることになる」と締めくくった通り、スペイン王者とフランス王者によるハイレベルの攻防に期待したい。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る