2016.05.29

PK成功でCL制覇に貢献…レアルのL・バスケス「言葉で表せない夜」

ルーカス・バスケス
先攻のレアルで1人目のPKキッカーを務めたL・バスケス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを破り、2年ぶり11回目の優勝を果たした。

 レアル・マドリードのスペイン代表FWルーカス・バスケスが優勝の喜びを語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 レアル・マドリードの下部組織出身のL・バスケスは、今シーズン開幕前にエスパニョールから復帰。移籍先での活躍が認められ、買い戻しオプションを行使されたことで古巣へと帰還した。今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは25試合出場4ゴールを記録。そしてチャンピオンズリーグ決勝では77分に途中出場し、PK戦では1人目のキッカーを務めて成功させた。

 古巣復帰1年目を会心の形で締めくくったL・バスケスは「僕たちは本当に満足しているよ。1年間やってきたことの全てを決勝で出すことができたね。そうしてウン・デシマ(11回目のチャンピオンズリーグ制覇)を成し遂げることができた。このような夜を生きることは言葉には言い表せないものだよ」と、喜びを語った。

 そして「レアル・マドリードに来るということは、タイトルのために戦うということ。そして今夜、僕たちはそれを成し遂げたんだ。チャンピオンズリーグを制したんだ」と、改めて喜びを噛みしめていた。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る