2016.04.28

ボール支配率約3割で…アトレティコ、バルサとバイエルンを完封連破

バイエルンを破ったアトレティコ・マドリードの選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが27日に行われ、アトレティコ・マドリードバイエルンが対戦。11分にU-21スペイン代表MFサウール・ニゲスが挙げたゴールが決勝点となり、ホームのアトレティコ・マドリードが1-0で先勝した。


『UEFA.com』によると、ディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリードがヨーロッパのカップ戦におけるホームゲームで無失点試合を演じたのは、16戦中14回目。また同試合のスタッツを見ると、13日に行われた準々決勝セカンドレグのバルセロナ戦(2-0で勝利)と同様、ボールポゼッション率が30パーセントほどにとどまっている。

 13日のバルセロナ戦では、アトレティコ・マドリードはボールポゼッション率29パーセントで、パス総数やパス成功率でも相手を大きく下回った。ただチーム全体の走行距離では相手を上回っていた。

 今回のバイエルン戦でも、バルセロナ戦と似たデータが残った。アトレティコ・マドリードのボールポゼッション率は31パーセントで、パス総数は209本。パス成功率は66パーセントだった。対するバイエルンのパス総数は729本で、パス成功率は86パーセントとアトレティコ・マドリードを上回っている。

 一方、アトレティコ・マドリードのチーム全体の走行距離は118キロメートル超で、バルセロナ戦を4キロメートルほど上回った。バイエルンは112キロメートルとなっている。

 同試合のスタッツは以下のとおり。なお、セカンドレグは5月3日にバイエルンのホームで行われる。

■チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのスタッツ
アトレティコ・マドリードバイエルン

▼ボール支配率
31パーセント:69パーセント
▼総シュート数
11本:19本
▼枠内シュート数
5本:7本
▼CK回数
5回:5回
▼ファール数
7回:11回
▼パス総数
170本:675本
▼パス成功数
209本:729本
▼パス成功率
66パーセント:86パーセント
▼総走行距離
118.43キロメートル:112.19キロメートル
▼フィールドプレーヤー1人あたりの走行距離
11.40キロメートル:10.74キロメートル

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング