2016.04.28

決勝弾を喜ぶアトレティコのサウール「キャリアで最も重要なゴール」

サウール・ニゲス
鮮やかなドリブル突破から決勝点を挙げたサウール・ニゲス(17番) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが27日に行われ、アトレティコ・マドリードバイエルンが対戦。11分にU-21スペイン代表MFサウール・ニゲスが挙げたゴールが決勝点となり、ホームのアトレティコ・マドリードが1-0で先勝した。

 鮮やかなドリブル突破から正確な左足シュートを決めたサウールが、試合後にゴールと勝利を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 サウールは11分、ペナルティーエリア右手前でボールを持つと、ドリブル突破で相手3選手を置き去りに。エリアに入って対面する相手DFのタイミングを外し、左足シュートをゴール左隅へ決めた。

 サウールはゴールシーンを振り返って「ボールを運んでいたら2人の相手が見えたんだ。その後、ペナルティーエリアに入った時には良い形でボールを持てていたと思った。左足でコントロールできていたからね」と状況を回想し、「自分のキャリアにおいて最も重要で、最も美しいゴールだよ」と、喜びを語った。

 アトレティコ・マドリードは75分、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが決定機を迎えたが、シュートは左ポストを直撃して2点目を奪うことはできなかった。サウールは「あの場面では、僕たちに運がなかったね。でも、相手は非常に良い戦いをしていた。僕たちを前方へと押し込んで(ボールを)支配していたね」とバイエルンを称賛し、最後にホームの大観衆へ感謝の気持ちを示した。

「僕たちを応援してくれた全ての人々に感謝しなければいけない。走り続ける活力を彼らが与えてくれたからね」

 セカンドレグは5月3日、バイエルンのホームで行われる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング