FOLLOW US

レアルの決定機はバーに…ユーヴェMFが見せた隠れたスーパープレー

J・ロドリゲス(中央手前)のシュートをブロックしたストゥラーロ(中央奥) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグが5日に行なわれ、ユヴェントスはホームでレアル・マドリードと対戦し、2-1で勝利した。同試合でイタリア代表MFステファノ・ストゥラーロが密かに見せたスーパープレーが話題になっている。アメリカメディア『Bleacher Report』など各メディアが伝えている。

 1-1で迎えた前半終了間際、ユヴェントスレアル・マドリードにある一つの決定機を作られた。41分、スペイン代表MFイスコがペナルティエリア左からクロスを上げると、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがヘディングシュート。ボールはクロスバーに弾かれ、ユヴェントスは難を逃れたかに思われた。しかし、ここにはストゥラーロのビッグプレーが隠されていたのだ。

 スロー映像で確認すると、J・ロドリゲスに前に入られてしまった同選手は必死に身体を寄せ、放たれたボールに右足を突き出した。シュートは枠を捉えていたが、ストゥラーロがわずかに触ったことでクロスバーに弾かれていた模様だ。足を高く上げていたため、危険な行為とも取られかねないが、試合を左右するプレーとなった。各メディアはこのプレーを「スーパープレー」、「ミラクル」、「救世主」などと称賛している。

 一連のプレーについて同選手は「止められて良かったよ。無意識に反応したかって? 最後の最後まで信じていたんだ」と最後まで諦めずにプレーした結果だとコメントした。

 現在22歳のストゥラーロは、今シーズンからユヴェントスに加入したものの、すぐさまジェノアへレンタルされていた。しかし、冬の移籍市場で急遽呼び戻されると公式戦11試合に出場。チャンピオンズリーグ初先発となったこの試合でも堂々たるプレーぶりを見せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA