2015.05.06

元バルサのアビダル氏、CLの解説で共演した元選手の名前を間違える

左からコール氏、アビダル氏、ヨーク氏 [写真]=Man Utd via Getty Images/Getty Images

 現役時代にバルセロナで活躍した元フランス代表DFエリック・アビダル氏が、5日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグ、ユヴェントスとレアル・マドリードの対戦(2-1でユヴェントスが先勝)を放映した中東系大手テレビ局『ビーインスポーツ』の番組に出演直後、自身のツイッターで共演者の名前を間違えていたことが明らかとなった。同日の大手メディア『ユーロスポーツ』などが報じた。

 同番組でアビダル氏は、アンディ・コール氏(元マンチェスター・U/元イングランド代表FW)、ミチェル・サルガド氏(元レアル・マドリード/元スペイン代表DF)、ルイス・ガルシア氏(元リヴァプール/元スペイン代表)らと共演し、収録後にスタジオで撮影した写真を自身のツイッターに投稿したが、コール氏をドワイト・ヨーク氏(元マンチェスター・U/元トリニダードトバゴ代表)と間違えていた。

 ヨーク氏はコール氏とマンチェスター・Uで1998年から3シーズンともに2トップを組んだ選手で、1999年の3冠達成に大きく貢献した選手として知られるが、アビダル氏は両氏を誤認したまま出演していたとみられる。

 アビダル氏はツイッターで同写真とともに「ビーインスポーツで今夜、ミチェル、ルイス、ドワイトと共演」とコメント。その後、間違いに気づき、「アンディ」と訂正している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る