2015.05.06

レアル撃破を喜びつつ、気を引き締めるピルロ「敵地でも信念を持って戦う」

ピルロ
レアル戦に出場したピルロ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグが5日に行なわれ、ユヴェントスはホームでレアル・マドリードと対戦し、2-1で勝利した。試合後、イタリア代表MFアンドレア・ピルロがイタリアメディア『スカイ・イタリア』のインタビューに応え、イタリア紙『トゥットスポルト』がコメントを伝えている。

 昨シーズンの大会覇者を相手に勝利を挙げたユヴェントス。決勝進出に前進することができたが、ピルロは「決勝に行きたいね。マドリードでのセカンドレグでも良いプレーをしたい」と決勝進出を熱望した。

 一方で「これは1つの試合にすぎない。僕らは次の試合でも同じ信念を持って戦わなければならないね。ここで終わりではないんだ。マドリードでプレーして、決勝に進むことが出来るか考えなくてはならない」と、セカンドレグを見据えて気を引き締めている。

 決勝進出となればピルロにとってはミラン時代の2006-07シーズン以来8年ぶり。決勝の地、ベルリン・オリンピアシュタディオンはイタリア代表として2006年にドイツ・ワールドカップを制した場所でもある。これについて「ベルリンは運命の場所かって? そう願うよ」とコメント。

 ビッグイヤー(CL優勝カップ)を獲得した場合、ユヴェントスを退団する可能性があるとも報じられているが、これについては「まずは成し遂げてからだ。そしてどうなるか見てみようじゃないか」と明言はしなかった。

 セカンドレグは、13日にレアル・マドリードのホーム・サンティアゴ・ベルナベウで行われる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る