2015.03.21

UEFAリーグランク、ブンデスがプレミアを抜いて2位浮上が確定

ブンデスの今季開幕戦で対戦したヴォルフスブルクとバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツのブンデスリーガが、今シーズン終了時に更新されるUEFA(欧州サッカー連盟)のリーグランキングでイングランドのプレミアリーグを抜いて2位に浮上することが確実となった。20日の大手メディア『スカイスポーツ』などが報じた。



 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)と欧州リーグ(EL)でイングランド勢が1993年以来、22年ぶりに16強で姿を消したのに対し、ドイツのバイエルンとヴォルフスブルクがそれぞれCLとELで8強進出を果たしたことで、UEFAリーグランキングで現在3位のブンデスリーガが15年ぶりに2位に浮上することが決まった。

 過去5シーズンの成績を基に割り出されるUEFAランキングは、欧州各国リーグのシーズン終了時となる5月下旬に更新され、翌シーズンのUEFA大会に反映される。次回更新時には、プレミアリーグのマンチェスター・Uチェルシー、トッテナムが8強入りし、マンチェスター・Uが 準優勝した2010-11年シーズンのCLの成績が対象外となるため、イングランドは62.034点で3位となり、現時点で62.892点以上を確保できるドイツが2位となる。

 なお、1位は今シーズンのCLで最多3チーム(バルセロナレアル・マドリードアトレティコ・マドリード)が8強入りしたスペインが保持し、4位はイタリアが確定。現在5位のポルトガルも6位フランスと僅差で競り合っているため、成績次第では順位が入れ替わる可能性がある。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る