2015.03.19

CLベスト8決定…スペイン勢最多&仏躍進、プレミアと日本人所属クラブは全滅

CLベスト8に進出した8チーム

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが18日に行われ、ユヴェントスバルセロナが勝ち上がりを決め、ベスト8が出揃った。



 国別ではレアル・マドリードアトレティコ・マドリードバルセロナの3チームが残ったスペインが最多。パリ・サンジェルマンとモナコが勝ち上がったフランス勢が5シーズンぶりに8強に2チームを残した。

 一方でイングランド勢はチェルシーアーセナルマンチェスター・Cがそれぞれ敗れ、姿を消した。イングランド勢がベスト16までで全て敗退するのは2シーズンぶり。ドイツ勢もシャルケレヴァークーゼンドルトムントが敗退となり、残ったのはバイエルンのみとなった。また、内田篤人所属のシャルケ香川真司所属のドルトムント柿谷曜一朗所属のバーゼルが敗退したため、日本人選手が所属するチームも全て敗退となっている。

 ベスト8の組み合わせ抽選会は20日に行われ、4月14日と15日にファーストレグ、21日と22日にセカンドレグが開催される。ベスト16の結果は以下のとおり。(◎が勝ち上がり、左がファーストレグでホーム、スコアは2戦合計、カッコ内はそれぞれの試合結果)

■チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦結果
パリ・サンジェルマン 3-3(1-1、延長2-2) チェルシー ※アウェーゴール
マンチェスター・C 1-3(1-2、0-1) ◎バルセロナ
レヴァークーゼン 1-1(PK2-3)(1-0、0-1) ◎アトレティコ・マドリード
ユヴェントス 5-1(2-1、3-0) ドルトムント
シャルケ 4-5(0-2、4-3) ◎レアル・マドリード
シャフタール 0-7(0-0、0-7) ◎バイエルン
アーセナル 3-3(1-3、2-0) ◎モナコ ※アウェーゴール
バーゼル 1-5(1-1、0-4) ◎ポルト

■準々決勝進出チーム
<スペイン>
レアル・マドリードアトレティコ・マドリードバルセロナ
<フランス>
パリ・サンジェルマン、モナコ
<ドイツ>
バイエルン
<イタリア>
ユヴェントス
<ポルトガル>
ポルト

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る