2015.03.11

途中出場のシャルケ内田がレアル称賛「結果を残すのは素晴らしい」

内田篤人
負傷の影響もあった内田は後半残り僅かな時間のプレーにとどまった [写真]=ムツ カワモリ

 シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が、10日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのレアル・マドリード戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

 ホームで行われたファーストレグを0-2で落としていたシャルケは、敵地での一戦に4-3で勝利。しかし、2戦合計4-5でチャンピオンズリーグ敗退が決まった。

 ベンチスタートとなった内田は81分から出場。試合後、同選手は「時間が少なかったし、アウェーゴールを考えれば得点が必要なのは分かっていました」とコメント。さらに「最後の10分だけだったから、全力を出していこうと思っていました」と述べた。

 また、右ひざにテーピングを巻いてプレーしていることについて、内田は「けがはサッカー選手につきもの。その中で、ごまかしながらやっていくのは仕方のないことです」と語った。

 対戦相手のレアル・マドリードに関しては「2試合を終えて勝っているのだから、さすがです」と主張。「ファンの厳しい目がある中で、結果を残すのは素晴らしいです。速さや技術、高さ、強さを持っているので、どう対応するか考えてやっていますけど、簡単ではないです」と称賛していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る