2015.02.25

足滑らせ同点弾献上のキエッリーニ「ロイスのシュートミスを願った」

キエッリーニ
インモービレと競り合うキエッリーニ(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが24日に行われ、ユヴェントスはホームで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントを2-1で下し先勝した。痛恨のミスで同点弾を献上したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、試合後にイタリアメディア『スカイ』のインタビューに答えている。

 ユヴェントスは、13分にアルゼンチン代表FWカルロス・テベスのゴールで先制する。しかし、5分後の18分に、足を滑らしたキエッリーニからボールを奪ったドイツ代表MFマルコ・ロイスに、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンとの1対1を決められ、同点を許した。その後43分に、スペイン人FWアルバロ・モラタが少ないチャンスを活かしてゴール。後半に入ってもそのままスコアは動かず、2-1でユヴェントスが勝利した。

 キエッリーニは同点弾を喫したミスの場面の振り返り「ブッフォンがまだ残っていたが、どうすることもできなかった。ロイスがシュートをミスするようにと私は願ったが、残念ながらゴールとなってしまった。けれども、巻き返すことができて素晴らしかった」と打ち明けると「ハーフタイムには、試合前に話していたことをもう一度確認した。ドルトムントはスペースに飛び込み、カウンターに長けるチーム。我々は、コンパクトに保ち続け、たくさんのチャンスを作ることができた」と話している。

 ユヴェントスは3月18日に、ドルトムントのホームでセカンドレグに臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る