2015.02.19

決定機訪れるも決めきれず…内田「サクッとロナウドに取られた」

内田篤人
C・ロナウド(左)とマッチアップする内田(右) [写真]=Getty Images

 シャルケ所属の日本代表DF内田篤人が、18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリード戦について語った。ブンデスリーガ日本語版公式HPが伝えている。

 シャルケは、26分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに先制ゴールを許すと、79分にはブラジル代表DFマルセロに追加点を奪われ、0-2で敗れた。

 試合後、内田は「戦う前から簡単ではないのは分かっていました。(試合の)入りはそんなに悪くなかったですが、サクッとロナウドに点を取られました」とコメント。また「相手からしたら、やられる気はしなかったんじゃないかなと思います」と述べた。

 また、74分に訪れた決定機については「(飛び出しは)いつも狙ってはいます。ケヴィン(ボアテング)から良いボールが出てくるので。蹴れる選手が持った時には、行くようにしています」と振り返り、レアル・マドリードのホームで戦うセカンドレグに向けては「1点目がどちらに入るか」と先制点の重要性を強調していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る