FOLLOW US

ベッケンバウアーがCL決勝Tに言及「8強に進む独クラブは3つ」

ベッケンバウアー氏がCL決勝Tの組み合わせに言及 [写真]=Getty Images

 バイエルンの名誉会長である元ドイツ代表のフランツ・ベッケンバウアー氏が、15日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選について語った。16日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 ブンデスリーガの4クラブ全てがグループリーグを突破した今シーズンのチャンピオンズリーグ。しかし、ベスト16の組み合わせを見たベッケンバウアー氏は、全クラブが次のラウンドへ進むのは厳しいと見ているようだ。

「ベスト8に進むブンデスリーガのクラブは3つだろう。シャフタールはメンバーの半分以上がブラジル人であり、決して侮ってはいけない。だが、バイエルンは彼ら相手に勝利を収めるだろうね。ドルトムントとレヴァークーゼンも、私の見方では勝ち抜けるのではないだろうか。残るはシャルケだが…。うむ、レアル・マドリード相手に勝利を収めるのは、かなり難しいことだ。奇跡でも起こらない限りね。もちろんサッカーではそれが起こる可能性もあるが…」

 また、決勝トーナメントに駒を進めながらもリーグ戦では残留争いの渦中にある、日本代表MF香川真司のドルトムントについては、「彼らの転落には驚いている。今のチームは非常に硬くなっているように見えるね。彼らがかつて見せていたようなものは、ほとんどなくなってしまった」と現状を分析している。

 しかし『ビルト』の「リーグ戦へ集中するために、チャンピオンズリーグから敗退したほうがいいのか?」という質問に対しては、「もちろん降格を防ぐことは最優先事項だ。だが、チャンピオンズリーグから敗退することは、彼らにとって解決策とはならないだろう」と回答した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO