2014.10.01

内田篤人が後半から出場のシャルケ、逆転できずCL2戦連続ドロー

内田篤人
後半から出場した内田篤人(上) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が9月30日に行われ、グループGでは日本代表DF内田篤人のシャルケとマリボル(スロベニア)が対戦。内田はベンチスタートだった。

 17日に行われた第1節のチェルシー戦では、敵地で1-1と引き分けて勝ち点1を手にしているシャルケ。ホームでの一戦では、GKラルフ・フェールマン、最終ラインにはカーン・アイハン、ジョエル・マティプ、ロマン・ノイシュテッター、クリスティアン・フクスが並んだ。中盤にはケヴィン・プリンス・ボアテングとデニス・アオゴ、2列目にはユリアン・ドラクスラーとトランクイロ・バルネッタ、エリック・マキシム・チュボ・モティングが並び、クラース・ヤン・フンテラールが1トップを務めた。

 シャルケは11分、右CKからボールを奪われてマリボルにカウンターを許すと、ハーフウェーライン付近からダレ・ヴェルシッチにロングシュートを打たれる。GKフェールマンの位置を見て放たれたシュートは、枠の上へ逸れた。26分には、左サイドのフクスのクロスにファーサイドのボアテングが反応。ヘディングシュートを放ったが、枠の右へ外れた。

 先制したのはアウェーのマリボルだった。37分、左サイドからのグラウンダーのクロスにダレ・ヴェルシッチが合わせてゴールネットを揺らした。前半は1-0で終了した。

 1点ビハインドのシャルケは後半開始時から、アイハンに代えて内田を投入。内田は右サイドで起点となり、再三に渡る攻撃参加でリズムを生み出した。

 シャルケの同点弾は56分に生まれた。内田から中央への展開で、一時はボールを奪われたものの、相手の不用意なパスをフンテラールがカット。ペナルティーエリア左手前でボールを持つと、シュートコースを見つけて左足シュートをゴール左隅へ決めた。

 同点に追いついたシャルケは、チネドゥ・オバシやマックス・マイヤーを投入して打開を図ったが、逆転には至らず。試合は1-1で終了し、シャルケはホームで勝ち点1を得るにとどまった。

 シャルケはチャンピオンズリーグ2戦連続の引き分け。10月21日の第3節では、日本代表FW田中順也のスポルティング・リスボンとホームで対戦する。

【スコア】
シャルケ 1-1 マリボル

【得点者】
0-1 37分 ダレ・ヴェルシッチ(マリボル)
1-1 56分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る