2014.09.29

パリSG戦を控えるバルサDFマテュー「イブラがいないと別のチーム」

ジェレミー・マテュー,ズラタン・イブラヒモヴィッチ
パリSGにおけるイブラヒモヴィッチ(右)の存在の大きさを語ったマテュー(左) [写真]=VI Images via Getty Images

 バルセロナは30日に、アウェーでチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のパリSG戦を迎える。同試合を前に、バルセロナ所属のフランス人DFジェレミー・マテューがクラブ公式チャンネル『バルサTV』のインタビューに応えた。コメントを28日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バルセロナは、27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節のグラナダ戦で6-0の大勝を収め、同クラブが所属するグループF内で最も強敵とされるパリSGとの戦いに臨む。今シーズン、不振にあえぐ母国の強豪との対戦についてマテューは「パリSGとバルセロナの対戦は、このグループで最も期待が集まる試合だろう。パリSGは困難な状況にあるけれど、厳しい試合になるだろう。鍵となるのは、僕らがいいリズムを刻めるかということと、100パーセントの集中が出来るかということだ。バランスを保ち、90分間気を付けなくてはならない」と集中を保ち、バルセロナの得意とするプレーを出来るかということが重要であると話した。

 莫大な資金力によるここ数年の大型補強で、一躍ビッグクラブとなったパリSGについて「彼らはタレント集団だね。でもその中でも(ズラタン・)イブラヒモヴィッチの存在は傑出している。パリSGは彼がいないと別のチームになる。それでもタレントは豊富だけど、ダイナミックさが失われてしまうんだ」と負傷により出場が危ぶまれるイブラヒモヴィッチの存在の大きさを語っている。

 またパリSGだけではなく、同グループのアヤックスとアポエルについても「誰もがパリSGとバルサがこのグループを勝ち上がると言う。でもそうなるばかりではないのがサッカーというものだ。確かに戦力としてはパリとバルサは格上だ。でもアヤックスには最高のプレーを出来る若いスターたちが揃っているし、アポエルはとても上手く守れるチームだ。ゴール前に10人が固まるチームと戦うのは、いつだって大変だよ」とCLにおいてはどのチームにも油断は出来ないと主張する。

 試合会場となるパリSGの本拠地について「パルク・デ・プランスは圧倒的な雰囲気で、伝説的なスタジアムだよ。彼らのいいプレーに拍車がかかるんだ。今度の試合でも大勢のファンがチームをサポートして、物凄い熱狂を生み出すだろう」とスタジアムに多くのパリSGサポーターが詰めかけ、バルセロナにとってはプレーしづらい雰囲気になることを予想している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る