2014.09.17

バロテッリがリヴァプール移籍後初ゴール…指揮官「能力を示した」

バロテッリ
リヴァプール初ゴールを挙げたバロテッリ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が16日に行われ、同大会に5シーズンぶりの出場を果たしたリヴァプールは、ブルガリアのルドゴレツ・ラズグラドと対戦し、2-1で勝利を収めた。

 試合後、リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、同試合で先制ゴールを決めたイタリア代表FWマリオ・バロテッリについてコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 今夏の移籍市場で日本代表MF本田圭佑が所属するミランからリヴァプールへ加入したバロテッリは、ルドゴレツ・ラズグラド戦に先発出場すると、82分に移籍後初ゴールを奪取。チームの勝利に貢献した。

 右足のアウトサイドでゴールを決めたバロテッリのシュートについて、ロジャーズ監督は「素晴らしい技術だった。彼に大きな自信を与えるだろう」と称賛した。

 また、同監督は「今夜の試合では、バロテッリは懸命にプレーしていた。ハードワークをして、プレッシャーをかけていたよ。これからチームに順応していくだろう。コンディションもさらに良くなるはずだ。彼は自分自身の能力を示したと思う」と述べ、更なる活躍に期待を寄せていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る