2014.08.20

10人のアーセナルと引き分け…ベシクタシュ指揮官「誇りに思う」

ビリッチ
ベシクタシュのビリッチ監督がアーセナルとのファーストレグを振り返った [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ本戦出場権を懸けたプレーオフのファーストレグが19日に行われ、ベシクタシュとアーセナルが対戦。0-0の引き分けに終わった。大手メディア『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。

 試合を振り返ったベシクタシュのスラベン・ビリッチ監督は、敵地でのセカンドレグに自信を見せている。

 試合は、ホームの大歓声を受けたベシクタシュが終始試合のペースを握る展開に。さらに、80分にはアーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが退場し、数的優位に立った。それでも、ベシクタシュは最後までゴールを奪えずにスコアレスドローで試合を終えている。

 10人のアーセナルから勝利を逃したベシクタシュだったが、ビリッチ監督は選手たちの戦いぶりを称賛している。

「素晴らしい試合だった。普段見られるような0-0の退屈な試合ではなかった。非常にオフェンシブな試合だった。選手たちの戦いぶりを誇りに思う」

「アーセナルにもチャンスはあった。だが、我々のほうが勝利に値しただろう。相手よりも良いプレーをしていたし、我々にとっては良い結果と言えるだろう。まだ突破の可能性が残っているのだからね」

「相手は(セカンドレグで)ラムジーがいない状況となる。個人的には、彼はアーセナルのトッププレーヤーだ。それでも、我々は期待し過ぎることはしない。プラン通りに戦う。アウェイでの試合は厳しいものになるが、誰も我々の望みを試合前に断ち切ることはできないはずだ」

 チャンピオンズリーグ本戦出場を懸けた運命のセカンドレグは、27日にアーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムで行われる。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る